太陽光発電と埼玉県の補助金について

太陽光発電とは、太陽光で電力をつくるシステムで、これにより電力需要を減少させ温室効果ガスを減らす効果があります。温室効果ガスである二酸化炭素を減らすことで森林と二酸化炭素とのバランスをとり、地球温暖化(平均気温の上昇)を防ぎ、気温や気候の変化による暖冬や冷夏、台風異常発生、農作物への被害、北極南極の氷が溶けることによる海面の上昇などを回避するのです。地球にとってとても優しく、子供たちに明るい未来を提供できます。

この構成としては、光起電力効果を利用して、光エネルギーを電力に変換することができる太陽電池を複数個使用したソーラーパネルや電気を蓄えそれを使う事が出来る蓄電池、ソーラーパネルを設置できる架台、インバーターなどです。

この装置は全世界の住宅などに設置するのが理想ですが、設置には高いコストがかかり、取付けたとしても出力を落とさない様にパネルのメンテナンスなども定期的にしなければならず、なかなか全てに行き届かせるのは困難です。

これの設置を検討している人は、補助金があります。埼玉県を例にとると自分が住んでいる家にHEMS(住宅のエネルギーを管理するシステムでソーラーパネルや家電、給湯器などをネットワーク化し自動で制御する機器です。消費電力を見える化することにより、省エネを意識させ電力消費を抑える効果があります)やLED照明、太陽熱利用システムエネファームなどの対象となる省エネ対策と出力4kw以上の太陽光発電システムを設置する個人に1件当り60,000円(上限額70,000円)が補助金としてでます。申請期間があるので、利用する場合は関係先に問い合わせなくてはなりません。

この太陽エネルギーを使う試みは、自然にされる行為そのものです。太陽エネルギーは太陽から地球に届く再生可能エネルギーです。そもそも太陽とは水素(約75%)とヘリウム(25%)のガスの集まりでできていて、その太陽核による重力で宇宙へ気体が拡散せず球体として残っている状態です。そして水素4個からヘリウム1個を作り出すのに核融合しその反応エネルギーが地球に届いています。この太陽の水素には限りがあります。太陽の寿命はあと約50億年で、それを考えると太陽光発電はその太陽の命を利用して地球や生命を生かし続ける太陽エネルギー再生装置なのです。この装置を設置することにより、ロマン溢れる気持ちに浸るのもいいまもしれません。皆太陽から多大な恩恵を受けているのです。